筆跡心理学

2019年12月31日 07:51



筆跡心理学


筆跡心理学とは
“筆跡のクセから
その人の心理や性格を読みとる”
心理学の学問のひとつです。

占いとは違い
たくさんのデータから
傾向分析した結果を用いて判断をしますので
根拠があります。
普段の行動と同じく
手も脳からの指令で動きます。
だから
筆跡には行動傾向がダイレクトに表れるのです。
例えば
日ごろせっかちな人は
急いで書いたような字になる
というイメージです


この考え方を基に
筆跡を変えることで
性格改善ができるとされています。
もちろん、数日書き方を変えたからといっていきなり変わるわけではありません。
半年から1年ほど続けると脳に刷り込まれ
性格が変わっていくことがあります。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)