自分らしく

2020年04月23日 09:26


感染の有無
陰性か陽性かの有無に関わらず
誰もが保菌者になり得るし
誰もが感染源になり得る
これが現在の新型コロナウィルス感染症の実情なのではないでしょうか。


メディアから流される数多の情報
私たちだけでは、もはやその真偽を問うことすら難しいものです。


今この時
自分を見失ってはなりません。


自分のことは自分が一番よくわかっているはず

自分というものをしっかりと理解し
人と付き合っていくことで人間関係も環境も変わっていきます。
自分を理解したうえで
他人を理解することが大切です。


自分のことがわからないという人もいるでしょう。

自分の行動や発する言葉は自分が一番わかっているはずなのにですが。

自分のことがわからないということは
自分を上手くコントロールできていないということだと思います。 


では、自分のことを理解し
自分自身と上手く付き合っていくためにはどうすればよいのでしょうか。



自分のことを理解できない人の特徴
・他人のことを尊重する
・他人の気持ちを考えるので自分の意見や価値観を押し殺し
・他人の意見や価値観を優先してしまう人



こんなことを幾度と無く繰り返しているうちに
「自分には意見がないんだ」
と勘違いしてしまい
余計に自分のことがわからなくなってしまうのです。



〈他人の意見に流されてしまうのはなぜか〉
他人の意見に流されて
自分に対して自信を持つことができない。
知らず知らずのうちに
周りを気にして
「自分がこれを言うとこんなふうに思われてしまうのではないか?」
「怒られるのではないか?」
などと、
不安で心がいっぱいになったが故に自分の意見を主張してこなかった
という人です。

心の声に耳を傾けない幼い頃には
誰でも好きなことがありました。
目を輝かせていたことがたくさんありました。
けれども
成長するにつれて
世間体や人目を気にすることを覚えてしまうと
好きだったことでもやらなくなったりします。
それは、『他の人から見れば考えられないこと』
と自分の中で解釈してしまい
やらないという選択をしてしまうからです。

これは、
自分の気持ちに素直に従わなかったということになります。

我慢する癖があったり
心の声を押さえつけたりすることは
度を超えると
自分の欲求や本音を出せる機会を
自らなくしていくことにつながり
そのことによって
感情や精神のバランスが崩れてしまいます。

自分のことがわからない
理解できない
というような状況のときには
自分のことが分からないという自己暗示にかかっているので
その結果
その状況→自分の事がわからない・理解できない
から抜け出せない。

大切なことは
自分の『本当の心の声』に耳を傾けて
それがどんなものであったとしても
受け入れるということです。
 

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)